建売を見ると注文住宅のよさがわかる

自分の家として、とても意識をするのは自分が暮らしやすいように工夫された家が出来上がった時ですね。その時、とても感激することになります。新しいということと、便利な安心して暮らすことができる家として、嬉しいのです。そのように思ったのは、なんといっても建売住宅を見た時でした。友人が建売住宅で住んでいるのですが、今度家を買う時には絶対、注文住宅にすると言っているのです。最初は、それでもいいと思っていたらしいのですが、住んで見るとやっぱり不満があります。
そのひとつとして、愛着がないというのです。そのことは、よくわかると思った事でした、自分が一生懸命考えて作った家については、とても愛着があるのです。愛着があるので、その家を一生大切にしたいと思うのです。リフォームをしたりして、より住みやすい工夫をすることができますね。そのため、我が家の場合は私が考えた住みやすい家となっているので、その点ではとても満足しています。